Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://arix.blog120.fc2.com/tb.php/71-18e944a8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

東方しょーとすとーリー

ツインテ
大方完成しましたので投下。

遅くなったけどバレンタイン設定でヨロシクー

ここからはじまり

------------------------------------


今日は2月14日、幻想卿某所にていつもの仲の良いメンバーが集っていた。
ルーミアにミスティア、チルノとリグルである。

「みんなーチョコ持ってきたー? まさか変な物持って来てないでしょうねぇ、毒入りとか勘弁してね」

こうミスティアが言うのには理由があって、ミスティアはルーミアに痺れ薬を盛られ、危うく捕食されかけたことがあるからである。

「だいじょーぶだいじょーぶ、ちゃんと魔理沙から作り方教えてもらったんだよ」

「キノコとか入ってないでしょうね でもあたいはさいきょーだからかんぺきにおいしいのを作ってきたわ!」 (本当は大ちゃんから教えてもらったけどね)

「私もルーミアちゃんと一緒に作ったからきっと美味しいと思うよ」

しかし何故この4人がバレンタインデーにチョコを渡すという習慣を知っているのかというと…

その三日前ぐらい
--------------------

4人は隙間妖怪 八雲紫から幻想卿の外の世界についての話を色々聞いていたのである。

「そうそう2月14日は外の世界では何か特別な日らしいわね 何だか分かるかしら?」

「分かった!同人誌即売k 痛っ! 何すんのさー」

「それは禁句でしょ、んー 人間が初めて幻想卿に来た日とか?」

「誰かの誕生日なのかなー」

「残念ながらどれも違うわね 14日は人間の間ではチョコを渡す習慣があるらしいのよ」

「そ、そーなのかー! 、でもチョコって何?」
そうか、と紫は気付く 幻想卿でチョコを売っている場所などないからだ。

「甘くてとろけるようなおいしいお菓子よ、これ」
そう言うと紫は隙間からどこからともなくチョコを取り出しみんなに1個ずつ味見させる。

「おおー、美味しい! この甘く口の中に広がる感じがなんとも・・」

「はぢめて食べたけどこれはおいしいわねー」

「確かにおいしーけどみすちーのほうがもっとおいしいかな」

「何故私と比べる!?」

紫は話を続ける
「そのチョコを外の世界では女性から男性に渡すのが一般的らしいわ、けど最近になって女性同士で交換したりもするという話もあるそうよ」

そーなのかー

「でもなんで、チョコを渡すんだろうね」

「よくぞ聞いたわ、それはね…」
何やら紫の表情が変わった、4人は不思議そうに注目する
「それは 好きな人にプレゼントを渡す それこそ愛の具現化なのよ!」
ドーンと背景で言わんばかりの勢いで紫は言い放った

一同
「そーなのかー」

紫はカッコイイ台詞を思い通りに言うことが出来て非常に満足そうであった。
「じゃあ私はそろそろ寝ることにするわ、また会いましょう うふふ」

いい感じで締めた紫は更に満足そうだった

そこで4人は考えていた
「ねぇ、私達もチョコを交換し合わない?」

「あいのぐげんかってのはよくわかんないけど よーは仲のいい人同士で交換するんだよね」

「そうねー 面白そうだしいいんじゃないかな」

「でも作り方とか全くわかんないけどどうしよう?」

「その辺はー、きっと霊夢や魔理沙辺りが詳しいんじゃない?奴らに聞けばいいのよ」

「咲夜もメイド長だし詳しそうだなー でも相手にされなさそーだ」

「じゃー決まりね、14日みんなチョコをもっていつもの所に集合しましょー」

そして現在に至る
------------------------------

「じゃあみんなチョコを出してー」

「ちょーっと待ったぁあ!」
そこで謎の男性の叫び声が聞こえてきた、いや男性というだけで謎ではないのかも知れないが・・・。

「この僕を差し置いてバレンタインデーなどとは 頂けないなぁ 子猫ちゃん達よ」
こーりんこと森近霖之助が褌姿で登場した。

「ちょっとォ、何よあんた 私達の邪魔をするつもり?」

「?の氷精ちゃんか、邪魔などではない、本来14日のチョコは男性に渡すものだ、それなのに幻想卿唯一の男である僕を差し置いてみんなチョコを渡している・・・絶望した!絶望したああ!」

「でもさ、最近では女性同士でも渡すってゆかりんが言ってたよ?」
ミスティアが言うが霖之助はもろともしない

「女性同士での交換だと? そんなものは後付けに過ぎないよ さぁ本来渡すべき人へチョコを渡すがいい」
そう言うと霖之助は突然姿を消し、一瞬でリグルの背後へ回った。
他の3人はいつの間にか後ろへ逃げていた。

「ごめんねーりぐるん」 「貴方の仇はきっととるわ」 「今のうちに逃げるわよ!」

「ちょおまっ」

「フッフッフ 東方サッカーでの僕は一歩でコート約3分の1を移動するのさ」
リグルは完璧に捕まっていた。
「なにィ!? じゃなくて、そんなぁぁぁ」

リグル脱落

一方生き残りは・・・

「ふうー なんとか助かったわね、あの移動速度は反則なんだから・・・」
「あれー?でもチルのんが居ないよ?」
はぐれてしまったチルノとみすちー&ルーミア、霖之助を相手に生き残ることが出来るのか!?

カオスな次回へきっと続く。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://arix.blog120.fc2.com/tb.php/71-18e944a8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

"エ9ヤス"と書いて"えくやす"と読みます、環境依存文字が使えない場所だとエ○ヤスになったりします。

Author:"エ9ヤス"と書いて"えくやす"と読みます、環境依存文字が使えない場所だとエ○ヤスになったりします。
地元の東方オンリーには99%参加
してたんですが
以前に比べて交通費が多くかかるようになってしまったのでどうしようかなーと言ったところ。
参加率は下がりそう

記事のネタはネトゲと同人ゲー頻度が8割を占めてます。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。